専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部長のお気に入りを飲み比べ

なんとも久しぶりな酒部ログです。書きたいことは溜まっているのに、書く暇がないという歯がゆい毎日です。

じぃーっとして長時間仕事をしていたので、ちょいとリラックスするためにコンビニへ。お目当ては以前から飲んでみたかった(と書いてからなんだか前にももしかしたら飲んでるかも...と心配になってきたぞ)部長お気に入りの菊水の生原酒。思い描いていたのは黄金の缶カップだったのですが、なんと隣には赤い熟成吟醸バージョンがちょこんと並んでいるではありませんか。本醸造の生原酒 or 1年熟成生原酒という究極の選択を迫られ、あいにく選ぶ気力もなかったので両方買って飲み比べてみることにしました。

RIMG0042.jpg

うーん、愛らしいですね。このちょこんと感がなんとも言えない。なんと黄金バージョンは昭和47年からあるそう!酒部員たちより年季の入った菊水生原酒、リスペクトです!

RIMG0048.jpg

キャップのメッセージもなんだか可愛い。

RIMG0044.jpg

パッと見あんまり中身に違いはありません。精米歩合は左の生原酒が70%、右の熟成吟醸が55%です。一応。

一口飲んだ印象は、どちらも濃い!本当に濃いですね。口当たりは両方ともとろっとした感じです。ちなみにアルコール度数は19%。実際に濃いんですね~。味わいとしては生原酒のほうが甘みがあってトゥルっとしているのに対し、熟成吟醸のほうはいくらかスルっとして微かに熟成香があります。生原酒が丸みを帯びているのに対し、熟成吟醸のほうが少し水平にスッと滑っていく感じというか。あくまでも個人的な相対性理論的な感想です。

そして今日のお供はこちら。
tsumami RIMG0045
豆腐に茄子としいたけの味噌炒めをのせたのと、食べる機会を逃していたシチリアの黒胡椒入りペコリーノチーズ。美味!。

お酒のほうはどちらも美味しいですが、個人的には黄金の生原酒のほうが好きかな?何気にこの菊水の缶カップシリーズにはあと二つ、「薫香」と「新米新酒」があるみたいです(ココ)。ふむふむ、これは試さねば、全制覇せねば!。

それにしても久しぶりの晩酌、キキますね~。一本で丁度いい感じのコレ。部長のお気に入りなのがなんだか分かる気がします。それにしても濃い。お勧めの飲み方にオンザロックも表示されていますが、今度試してみよう。アウトドアにも持っていきやすいし、使える子ですね!

そしてほろ酔い達成。これぞ晩酌の醍醐味。やっほい!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shubuyumitomizuho.blog.fc2.com/tb.php/55-34ec47b4

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。