専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーズナブルに銀ブラ!銀座の角打ちをハシゴ Part 1

入梅の東京。じめじめシトシトするなか、久しぶりに専業酒部そろって銀座をブラブラしてきました。今日は部長が前から気になっていた、君嶋屋さんの角打ちがターゲット。

ち、な、み、に!角打ち(「かくうち」と読みます)とは、「(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと」で、簡単に言えば、酒屋のすみっこで飲む、ということです。
RIMG0511.jpg

ここはかの有名な横浜君嶋屋さんの銀座店。今年3月にオープンしたようで、お店の中は開放的でモダンかつ居心地の良い感じ。窓際のカウンターで、足早に通り過ぎてゆく銀座のサラリーマンやOLを眺めながら優雅にお酒を飲むことができます。
RIMG0516.jpg

お酒は日本酒をはじめ、ワイン、焼酎とかなり有名どころがそろっている感じ。日本酒はワイングラスで提供され、300円からとリーズナブル。まずはとりあえず、3種飲み比べ(500円)を。

RIMG0517.jpg
左からいづみ橋 無濾過純米(神奈川)、松の司 純米生もと生原酒(滋賀)、惣誉 純米生原酒(栃木)。

RIMG0525.jpg

飲み口としては、いづみ橋はさっっぱり辛口、松の司が芳醇、惣誉がきりっとした感じでしょうか。当たり前かもしれませんが、一緒に飲み比べてみると本当に味わいが違うんですね~。

お酒だけ飲むのも味気ないので、おつまみも頼んでみました。
RIMG0527.jpg

以前から日本酒に合うんじゃないかと思っていた生ハム、そしてチーズの味噌漬けです。味噌漬けのほうは、パルメザンチーズのようなハード系チーズが使われています。生ハムも飲み込むのがもったいないほど美味しい。余韻の長いこの旨みは一体なんなんでしょう。辛口のいづみ橋に合います。

で、もう一杯ずつ。
RIMG0530.jpg


 特別純米(山口)と田中六五 純米(福岡)。ともにグラス300円。どちらもキリッと冷えたのが美味しいクールビューティー系。おしとやかに華やか、というのか。「貴」はすっと消えてあとを引き、「田中六五」は余韻が長い。傾向は似ているけど飲み比べてみるとやっぱり違うんですね。ちなみにユニークな名前の「田中六五」は「田んぼの中で醸され、65%精米しているから」だそう。君嶋屋さんでは以前、田中さんというお客様がお父さまの65歳の誕生日祝いに購入されていったことがあるそうです。

すぐ後ろでは「いづみ橋」で有名な泉橋酒造の副杜氏さんが、夏用のお酒を3種お店の人にテイスティングしてもらっていました。この方、若くて俳優張りのイケメン。イケメン率の高い日本酒醸造界においてもかなりなハンサムボーイ(失礼?)。お酒も美味しいし、この夏ますますいづみ橋に注目、ですね。

さて、この立地にしてこのクオリティ、そしてこの値段。銀座でさくっと飲むのに君嶋屋の角打ちはかなりコストパフォーマンスの良い穴場です。お店の方々もとても気さくでサービスも良かったです!銀座=お高い、わけではないんですね~。

実はこのあともう一軒別の角打ちをハシゴ。その話はまた次の機会に!

ビバ銀座!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shubuyumitomizuho.blog.fc2.com/tb.php/45-a0655003

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。