専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城山12合目登頂!?

ゴールデンウィーク後半、お世話になっている足利織物伝承館へ足利銘仙春夏コレクションを見に行ってきました。今回足利デビューを果たす友人と、鑁阿寺、足利学校とハシゴし、〆にいつもの(といっても今回2回目)居酒屋ますやへ。ますやさんは渡良瀬川のほとりにあり、橋を渡ればすぐ東武鉄道足利市駅という東京への帰路アクセスも抜群な立地。

ここでいつも頼むのは赤城山の燗。赤城山は群馬のみどり市にある近藤酒造が出している群馬を代表するお酒ですが、栃木県の足利でもかなりポピュラー。このあたりは群馬との県境で、近藤酒造も足利から渡良瀬川をちょっと上ったところにあるんですね~。
DSC_1448.jpg

さて、この赤城山の燗はすっきりした旨口で、すいすい飲める危険系。これまで燗でしか飲んだことがなかったので、友人が勇気を出して常温を注文したのですが、やはり燗に戻ってきました。燗の方が優しく体にすっと入ってくる感じなのです。優しい感じなのに、「男の酒 辛口」と主張する赤城山。

DSC_1449.jpg

実年齢の20歳は若く見えるスーパー女将の出してくれる鯛の粕漬けやら焼き鳥やらをつまみつつ、ゆるゆる飲み続けること数時間。ご機嫌で〆に突入。足利での〆はやはり足利名物、たまねぎのシュウマイです。片栗粉で包んだたまねぎを皮で包み、ソースで食べる一風変わったシュウマイ。肴にもなり、〆にもなる優れものなのです。

なんだかんだの赤城山12合目登頂。2合徳利に2合は入っていないだろう、いや、入っているはず、と哲学的な問答を繰り返しつつ、帰路に着いたのでした。
スポンサーサイト

コメント

軽妙。12合目まで連れて行かれたかのよう。

コメントありがとうございます!
赤城山の燗は体に優しく、12号目登頂も、次の日に響きません!機会があればぜひ飲んでみてください。足利のますやさんもお勧めです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shubuyumitomizuho.blog.fc2.com/tb.php/37-521b8f4a

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。