専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dean&Delucaと「玉川」と黒糖空豆

先日、用事で品川に行ったときのこと。時間つぶしにDean&Delucaを見ていたら、日本酒を発見!いやあ、D&Dも日本酒売ってるんですね〜。

オシャレにディスプレイされた日本酒コーナーには7、8種類のみながら、いい感じの銘柄が並んでいて、東京ではなかなかお目にかかれない「玉川」を思わず購入してしまいました。イギリス出身のフィリップ・ハーパーさんが杜氏を勤める京都の木下酒造のお酒です。

DSC_0886.jpg

妹がお土産にくれた黒糖空豆と、ぬるめに暖めた玉川を合わせてみたら、まあ〜、美味しい。玉川のこっくりとした濃厚な味わいが、空豆の甘みや香りと相俟って、止まらない止まらない。深夜にちょっとカロリー高そうな晩酌となりましたが、余は満足じゃ。
スポンサーサイト

祝!第10回 全国どぶろく研究大会

今年も行って来ました。知る人ぞ知るどぶろくの祭典、全国どぶろく研究大会。今回は、ルームメイトのまりやちゃんと、友人のカメラマン貝原さんが一緒に参加しました。みんなどぶろくの、と、り、こ、です!
DSC_0719.jpg

今年は記念すべき第10回目。心なしか、いつもより色々とゴージャス!会場は兵庫県の日本海側にある湯村温泉の、佳泉郷 井づつやさんというホテルです。

湯村温泉は、関西では結構有名だそうですが、東京の方ではあまり聞かない温泉地。なにせ、めちゃくちゃ遠い...。過去3回行ったどぶろく大会のなかで首都圏からのアクセスがダントツの悪さでした。が、山あいのとっても素敵な温泉街で、もう少しゆっくりしたかったなあ。

DSC_0729.jpg

会場にはすでにズラリとどぶろくが...毎年のことながら圧巻。写真は淡麗部門に出品されたどぶろくで、芳醇部門も合わせるとこの倍の瓶が並んでいます。
DSC_0731.jpg

参加者の多くは、実際にどぶろくを作っている方々なので、みなさん真剣に品定め。
DSC_0732.jpg

そして、おもむろに乾杯の準備。お酒が絡むと、知らない人同士のコミュニケーションも円滑に進みますね〜!
DSC_0741.jpg

今年は温泉地での開催ということもあってか、一般の参加者、特にそこそこ若い層や女性の参加者がいつもよりは多かったですが、それでもやっぱりどぶろく大会は濃厚なおじさまワールド。お酒を飲み付けない若者にも飲みやすいので、ヤングの取り込みにもっと力を入れないと。作っているひとたちの中には、若い人も結構いるんですけどね。
DSC_0739.jpg

さて、これも毎年恒例ですが、乾杯のあとの写真がめっきり無くなるという、怪奇現象。参加も3回目になると、昨年との味の比較ができたり、知り合いが増えたりして結構忙しいのです。

去年、基調講演の場を賑わせた京都の鬼ババァーさんは、今年も健在。どぶろくが格段に美味しくなっていました。そして、個人的に大好きな「嘉太郎」をつくっている野沢温泉の民宿「山ぼうし」のおじちゃんも来ていました。
DSC_0747.jpg

鬼ババァー嘉太郎も芳醇・淡麗の両部門で受賞。個人的には納得の受賞、です。ただ、今年の受賞は、甘酸っぱい系のものが多かったかな?色んな味があるので、なかなか個人の好み抜きに評価するのは難しそうですね〜。

そして、地元のテレビ局に取材されたり...
DSC_0744.jpg

この取材をきっかけに、地元でどぶろくを造っているというお兄さんと、どぶろくの目指す方向性についてディスカッションしたり。このお兄さん、どぶろくが目指すべきは日本酒(清酒)である!と。だから、自分はできるだけ清酒のような味のどぶろくを目指したいとのこと。

なんとなんと。なかなか哲学的ですよね。どぶろくとは何か、というね。私は個人的に、甘酸っぱいシュワシュワしたどぶろくが好きだし、日本酒にないプリミティブな美味しさを求めてしまうので、賛成はできませんが、その情熱でぜひがんばってほしい!

お兄さんは、地元では有名な自然栽培の米農家だそう。地域おこしにどぶろくを造ってほしいと頼まれて、2年前から造り始めたとのこと。天空の城竹田城でもお土産として販売していて、結構売れているそうですよ(これですね)。去年どぶろく大会があった秋田では、昔からみんなどぶろくを造っていたという話を聞きましたが、近畿のこのあたりはそういう習慣がなかったので、色々一から学んだそうですよ。がんばれ!

...と、そんなこんなで、これもいつものごとく、時間があっという間に過ぎ、お開きとなったのでした。例年、残っているどぶろくを腕力が許す限りもらって来ていましたが、今年は控えめにこちらの4本。家で美味しくいただきました〜!
DSC_0780.jpg

来年は、新潟県上越市での開催とのことです。首都圏からのアクセスもいいので、興味のある方はぜひ!


 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。