専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わお!なラベル

先日、最近知り合った新橋のお酒屋さん、朧酒店さんにおじゃましました。

新橋駅から歩いて10分弱の静かな路地にあるすてきな酒屋さんです。店長さんの人柄もさることながら、いつも何種類か試飲用のお酒があり、気軽にテイスティングができるのも魅力。

この日は幸運にも、お店主催のイベントの翌日だったようで、いくつか栓のあいたお酒を試飲させてもらいました。そのうちの一つが福岡の若波酒造の大吟醸のにごり。お酒自体もとっても美味しいのですが、スゴいのがこのラベル!

ビフォー
DSC_4464.jpg

そしてアフター
DSC_4463.jpg

なんだか間違い探しみたいになってしまいましたが、なにが違うか分かりますか?

そう、アフターのほうでは「純米大吟醸 山田錦」と出ているんです。

これ、実は温度の違いで模様が浮き出る特殊な紙で作られたラベルで、11度以下の飲み頃の温度になると、文字が浮き出るようになっているそうです!なんと!

お酒自体もスッキリとまろやかながらも旨味があり、とっても美味しい濁り酒でした。最近は日本酒のラベルも色々と面白いものが出ていて、お酒の楽しみが一層深まりますね!
スポンサーサイト

終わりの始まりと、ひやおろし

わたくしごとですが、先月から友人と3人で仕事場を借りはじめました。副部長は紅一点。のびた、ジャイアン、しずかちゃんの構図で仕事をしております。

仕事場を借りてひと月が経とうとしたころ、友人が家で眠っていたというプロジェクターを持って来てくれました。ファミコン世代のメンズは喜び勇み、早速、プロジェクターの大きな画面でゲームをするという、昭和の中学生男子が夢見るシチュエーションを実現。プロジェクターをくれた友人は、「これはまさに終わりの始まりだね」と不吉な台詞をはき、メンズは「これは僕たちにとっての日本酒だから」と意味不明な言い訳をする始末。息子を持つ母親ってきっとこんな気持ちですね。

と、先日、乞われて渋々一緒にボンバーマンをすることに。最近あまり日本酒を飲んでいなかったので、仕事場に備えている日本酒コレクションから、水尾のひやおろしをお供にすることにしました。このひやおろし、先月某酒店で購入したのですが、日本酒担当のお兄さん曰く、今期飲んだひやおろしの中でピカイチだったとか。

DSC_4229.jpg


肴は私セレクトの激ウマ豆腐の冷や奴、T君のしば漬け、K氏のビネガー風味のポテチ。すると、どうでしょう。おだやかな味のお酒なので、冷や奴が合うと思いきや、柴漬けやポテチがグッドマッチ。考えてみれば、水尾は長野県の飯山市で醸されており、野沢菜にとっても合うと、社長の田中さんが語っていたお酒。酸味のある肴で旨味がいい具合に膨らみ、美味しさが倍増でした。

友人とお酒をともにすると、普段は合わせないものに新しい発見がありますね。終わりの始まりである仕事場のファミコンを軸に、美味しい水尾を楽しんだ夜でした。ちなみに、ボンバーマンの結果はまずまず。もう少し練習すれば、ベテランのメンズを軽くボンバーできることでしょう。

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。