専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金町の人情に触れた夜

先日書いた日本酒とチョコレートをマッチングするイベントのあと、これまであまり訪れることのなかった金町を満喫してきました。駅前の近代的な一角を過ぎるといい感じに昔ながらの雰囲気が残っているまちですね。ちょっと行くと柴又です。

まずは腹ごしらえに「金町製麺所」。京成金町駅からすぐのこちらは、外から見ると明るいスタンディングバーですが、日本酒のラインアップとラーメンがすごい。

RIMG0238.jpg
お店自慢のラーメンのお供に長野のお酒を。部長は「佐久乃花 裏ラベル」、副部長は「翠露 特別純米 無濾過生原酒」。クリアながらも旨みのある印象のお酒です。

イベントに行く前だったので長居は出来ませんでしたが、肴類もリーズナブルで充実していたためちょっと名残惜しい。イベント後に再度お店の前を通るとぎゅうぎゅうの満席でした。人気店なのも納得。

酒逢さんでのイベント後は、踏み切りを渡った向こう側の魅惑ゾーンに行ってみました。
RIMG0247.jpg

あこがれますねえ。こういう雰囲気。ここを行ったりきたりしながら最終的に入ったのは、日本酒が沢山ありそうな「ひょん」。(写真は部長瞬間移動中の図)
RIMG0248.jpg
カウンターのみの小さな居酒屋さんです。常連さんたちがひしめく店内で奇跡的に空いていた奥の2席に滑り込むと、もうお店の一員のような気になれる心地よさ。若いご夫婦がやっています。

どぶろくLOVEな我々は、「とりあえずビール」ならぬ「とりあえずどぶろっく」。
RIMG0249.jpg
「陸奥八仙」で有名な青森の八戸酒造が出しているんですね。うーん、やっぱり美味しいです。

お通しは白菜の旨煮。
RIMG0252.jpg
あー、至福。

カリカリジュワッと美味しい厚揚げを追加でオーダー。
RIMG0256.jpg

...となると、一杯のつもりがやっぱり二杯に。常連さんたちがこぞってオーダーしていた盤城寿を2種頼んでみました。
RIMG0257.jpg
純米酒(左)としぼりたての生酒(右)です。どっちも美味しい!

盤城寿を醸す鈴木酒造は、江戸時代末期から福島県の浪江町で「日本一海に近い酒造」として漁師さんを中心に愛されてきた酒造です。しかし東北の大震災で蔵が流され、そして福島第一原発から6kmという場所にあったことから、新しい土地での生活を余儀なくされました。いまは山形に場所を移しながらも、蔵に残っていた酵母を使って浪江で代々愛されていた酒を作り続けています(参照)。「ひょん」のお二人も両方福島出身。お店にはすごい数の盤城寿ラインアップをそろえ、お客さんに美味しく飲んでもらいながら地元の復興を手助けしています。

と、書くとなんだか重たく聞こえるかもしれませんが、とっても明るいお二人が切り盛りするお店は本当に居心地がよく、美味しい!いい感じにグダグダ感のある常連さんの会話の輪に入れてもらったり、帰り際にひょっこり現れた常連さんが持ってきた珍しいお酒を試飲させてもらったり。価格もリーズナブルで、近くに住んでいたら確実に通ってしまうお店です。

やっぱり美味しいお酒に「人」と「肴」は不可欠ですね。金町でそれを再認識。色々な意味であったかい気持ちになった酒部活動でした。ビバ金町!また、近いうちに行きたいです。



スポンサーサイト

3月7日は何の日?

さて、突然ですが、3月7日は何の日でしょう?

そう、ジョセフ・ニセフォール・ニエプスの誕生日です。ん?と思った方、フランスの発明家かつ写真技術の先駆者だそうです。こんな素敵な写真が撮れるのも、彼のお・か・げ。

20131031繭033
(撮影:池田雅美)

そして、3月7日はクック船長がカウアイ島に到達し、松下幸之助が松下工業を創業し、百恵ちゃんが三浦友和氏との婚約(と引退)を発表したという、なんともめでたいお日柄。

2014年、そんな3月7日に新たなる一ページが!

「渋谷の中心で愛を酒ぶ!-味わったことの無い日本酒がいっぱい!の夕べ-」
旨い酒を愛する呑み助トリオが、それぞれ一押しのお酒を持ち寄って振舞う一夜限りのバー・イベント。どぶろくから味わい深い純米酒、そして琥珀色の熟成酒を多数そろえてお待ちしておりますので、お誘い合わせの上、お気軽にお越しください!
主催:ニコラス・コルディコット(飲食ジャーナリスト)、おおくぼかずよ(日本酒講師)、太田瑞穂(専業酒部副部長)

日時:3月7日(金)19:00-深夜まで(都合の良いお時間にお越しください)
場所:渋谷Soft (渋谷区渋谷3-1-9-B1)
ドリンク:1グラス500円。日本酒のみ。

そして、同じ3月7日、部長は以前からお付き合いのあるこちらへ。

「いま粋フロントポーチ」
現代の数寄を発信するサロンイベント「いま粋」。毎回「タッさん」こと佐々木達郎氏セレクトの日本酒をこだわりの酒器で楽しめ、好評でございます!今月はフラメンコギターの演奏が楽しめるスペシャルバージョン!こちらも見逃せませんね!

日時:3月7日(金)19:00-(演奏は21:00-)
入場料:前売り2000円、当日2500円(ドリンク別)要予約
詳細はこちらで!

そしてそして、3月7日はグラハム・ベルが電話の特許をとった日!ということで、お電話でお友達をお誘い合わせの上、みなさまお越しくださいませ!
Actor_portraying_Alexander_Graham_Bell_in_an_ATT_promotional_film_(1926).jpg
(ちなみにこの方はベル氏ではございません)

雪酒!

いやあ、すごい雪でした!2週間連続の雪!あまりの降りっぷりに興奮してカーテンを開けっ放しで寝たところ、向かいのおうちの屋根が怖い感じになっていました。

RIMG0267.jpg
この後、ものすごい轟音とともに屋根の雪は落下してしまい、ちょっと残念。

さて、これだけ雪が降るとやっぱりやってみたくなる、これ。
RIMG0284.jpg

そう、雪酒!病み上がりなのに気分がアガる!なんつって。病み上がりなので、飲むのはもちろん室内、そして味見程度。こんな感じで雪のひんやり感を楽しみます。
RIMG0285.jpg

いただいているのは先日、金町の酒逢さんで購入した喜久水酒造の特別純米酒「喜一郎の酒」。ほぼ同年代の7代目蔵元が醸しているお酒だそうですが、スッと入ってきてスッと旨みが広がり、これは美味しい!普段は断然燗酒派ですが、風情ある雪酒もいいですね~。雪があるうちに一杯、どうですか?

バレンタイン猪口!

いやはや、どこへ行ってもチョコレートだらけの季節がきました。「バレンタインxチョコ」を始めたのは神戸のモロゾフで、もとをたどれば戦前までさかのぼるらしいです(参照)。ほほーう。思いのほか昔からあったんですね。

しかーし!酒部的にはやはりチョコより猪口。先週、近所の「リカーズのだや」さんでかっこいいパッケージのお猪口が並べられているのが目にとまり、試しに一つ買ってみたところ、これが何重にもイケてる!早速バレンタインの「義理猪口」としていくつか追加で購入し、一緒に飲む予定のあった友人2人にプレゼントしてみました。

RIMG0225.jpg
イケてるパッケージ!

そして、開けると中はこんな感じ!
RIMG0231.jpg

ちょっと見にくいかもしれませんが、お猪口には「酒モアイ 酒も愛」と書いてあり、真ん中にはモアイ...なのか、「モアイ」という愛称を持つ竹鶴酒造の石川達也杜氏の似顔絵なのかどっちつかずのイラストが!なんと、これ、石川杜氏監修のお猪口なんです。包み紙にも彼の名が。そして、箱の内側には「日置桜」の山根酒造場の前田杜氏の落款。ディ、ディープ!

そしてお猪口の中は...
RIMG0228.jpg
ハート型ならぬ「猪目(いのめ)」文様が!なんともキュート。そう、西洋のハート形は日本古来の猪目文様と同じ形なんですね!このお猪口、「猪目猪口」と名づけられています。この猪目文様や、「酒造りエロス論」や、ハート型についてが語られている解説も入っていて、非常に面白い!

満面の笑みで記念撮影をし終わると、片方は早速解説を読みふけり、もう片方はFacebookにアップ。気に入ってもらえたみたいです!
RIMG0230.jpg

この日、まったく別の話をしているときに「男はね、ウンチクを語れるようなものがほしいの(by Aちゃん)」との名言が出ましたが、このお猪口、十分ウンチク語れます!プレゼントにいかがですか~?

後日、酒をこよなく愛する部長にもプレゼント!やっぱり解説(?)に読み入る。
RIMG0234.jpg

そして、バレンタインに絡めて久々に水入らずの酒部活動。金町にある酒屋「酒逢」さんでやっている、チョコレートとお酒をマッチングしてみるイベントです。

酒逢さんは、金町駅から徒歩5分のモダンでオシャレな酒屋さんで、オーナーの方は昔チョコレートを売る仕事をしていたものの、酒好きが嵩じて酒屋になったそう。今回のイベントにドンピシャな経歴をお持ちです。

今回は日本酒(7種)のみでなく、焼酎(5)や梅酒(5)、ウィスキー(2)、ブランデー(1)にビール(5)など、チョコレートに合いそうなものがずらりとラインアップ。チョコレートを食べながら自由に試飲することができて、500円。わおー。16日までやっていますよ!
RIMG0240.jpg

チョコレートの持ち込み歓迎とあったので、たまたま持っていったのがモロゾフ。なんとなんと、バレンタインxチョコの流れを作った大元をチョイスしていたんですね~。ミラクル。
RIMG0241.jpg

一通りチョコレートなしで試飲してから、日本酒を中心にチョコレートとマッチング。
RIMG0239.jpg
大吟醸や本醸造のほかに、にごりと飴のようにあまい本醸造原酒がありましたが、酒部一致でチョコレートと合うと思ったのは、国士無双の本醸造と喜久水酒造の大吟醸「花散里」。どちらもさらっとした辛口のお酒です。元パティシエの部長いわく、「ミルクチョコレートより、ビター系のほうが香りの余韻が長く日本酒と合いやすい気がする」そう。また、果物などが使われているチョコレートには、白龍の初しぼり本醸造のように少し酸の強い日本酒も良いかも、と。

この後、数々の日本酒を試飲させていただき、かなりいい感じの金町の居酒屋さんで杯を重ねたのですが、その話はまた今度。

さてさて、日本酒とチョコ、結構合います!ちょっと疲れたときに、日本酒とチョコでまったりする図が浮かぶなあ。やたらとチョコレートの流通するこの季節、日本酒xチョコ、いかがでしょう?

今回チョコレートとマッチングするために用意されていた日本酒は以下の7種でした。

高砂酒造 雪氷室 大吟醸 一夜雫
高砂酒造 国士無双 本醸造
喜久水酒造 大吟醸能代 花散里
喜久水酒造 三本線能代
吉田酒造 白龍 初しぼり本醸造
宮下酒造 奇跡のにごり酒 木村物語
宮下酒造 極聖 本醸造原酒 旨甘仕立て

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。