専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業酒部初の自主開催イベント、お陰様で定員に達しました!

先日告知しました、

夏酒でしゅわっと乾杯!
breez fizzy summer session!


お陰様でほぼ定員に達しました。以後はキャンセル待ちとなります。
ありがとうございます!



by 専業酒部&かずよおおくぼ
スポンサーサイト

錫のぐいのみ作り!高岡鋳物体験@2k540

以前、仕事でお世話になった高岡の鋳物メーカー、高田製作所さんが関わる「高岡鋳物体験」に友人2人と行ってきました。場所は御徒町と秋葉原の間のJR高架下にある2k540。こんな都会のど真ん中、しかもJRの高架下で鋳物の体験ができるなんて、高岡鋳物x2k540イカしてます!

2015年に開通する北陸新幹線をかたどったマドラーや、バングルなどもありましたが、専業酒部の副部長としては以前から気になっていた錫のぐい飲み一直線です。

これ!
DSC_1628.jpg
(出来上がり直後なので内側がちょっと汚れていますが)

作り方は高岡でしているのと同じ、400年ほど前から続く砂型法。砂で型を取って鋳造するやり方です。かなり原始的な方法ですが、ミリ単位の繊細な型が取れる上、何回も繰り返し型を作ることができるので小ロットの製品には合理的な作り方だそうです。

パッと見簡単そうな砂型づくりも、実はけっこう繊細な作業。まずは、上と下に分かれた2つの枠に、作ろうとしているぐい飲みの型を置いてぎゅーっと砂を詰めてぐい飲みの内側と外側の型を作ります。そしてぐい飲み型を外して二つをあわせると、ちょうどぐい飲みの部分だけ隙間が空くのでそこに溶かした金属を流していくのですが、いかんせんぐい飲み自体が1mmくらいの薄さなので、二つの型をあわせるときなどちょっとのずれも許されない、結構ドキドキの作業です。

そしてできた型に純錫(すず)を流し込んでもらいます。錫の融点は232度なので、料理用鍋に入れて普通のコンロで溶かされていて、パッと見はちょっとお料理教室みたい。

1.jpg

そしてドキドキしながら型を外してみると...

DSC_1624.jpg

おー、美しい!ちゃんとできています。かなり感動。

ケバを取って、軽く磨くとこんな出来上がりになりました。三人三様のコロンとしたぐい飲み。良い感じです!
DSC_1627.jpg

外側はこんな感じ。
RIMG0143.jpg

ちなみに純度100%(正確には99.9%位だそうですが)の錫はとっても柔らかいので、落としたりすると結構簡単に曲がってしまいます。
RIMG0147.jpg

でもちょっと力を入れて押すと、チリっという音(英語でtin cryというそう)と共にちゃんともとの形に戻りますよ。

そして水もお酒もまろやかにするという錫のぐい飲み。どんなものでしょう~。飲んでみたのはこちら。福岡県にある井上合名会社の純米吟醸「チカーラ」。イタリア語で「蝉」という名前とラベルが可愛らしい、爽やかサッパリ系のお酒です。友人の利酒師おおくぼかずよ氏からいただきました!
2.jpg

一口飲むと、なんだか水を飲んでいるよう。すーっときますね。
RIMG0144.jpg

一応ガラスのコップと飲み比べてみたところ、錫のぐい飲みのほうがまろやかというよりかはすっきりとした味わいな気がします。形の違いもあると思いますが、2つで味わいの印象がかなり違います。面白い!ちなみに錫は熱伝導がいいので、冷えたお酒を入れるとぐい飲み全体がヒンヤリして、口をつけるとキリッと冷たい感触がまたいいんですね。

いやあ、高岡の職人さんの情熱を感じ、自ら作ることでとっても愛着の湧くぐい飲みができました。これからの晩酌がさらに楽しくなりそうです!

夏酒でシュワっと乾杯!breezy fizzy summer sake session!!開催です!



専業酒部初の自主開催イベントやります!

“夏酒でシュワっと乾杯!Breezy Fizzy Summer Sake Session ! ”


利き酒師のおおくぼかずよ氏をお迎えしてアットホームなレンタルキッチンをお借りして開催です。
先日ミーティングという名の飲みか…もとい部活にて顔合わせもしまして、チームワークもバッチリです。

しゅわしゅわなお酒で残暑を乗り切りましょう!
専業酒部のセレクトお楽しみに。

8/29(木)1930~2130
参加費3000円
@ワンキッチン

お席残りわずかです^ ^
ご興味ある方、詳細はFBページもしくは専業酒部まで。

いま粋フロントポーチde日本酒。

毎月金曜日のお楽しみ、いま粋フロントポーチに行ってきました。







今回も素敵なラインナップ!
私の大好きな山の壽の濁り酒をいただけたのが嬉しかったかなー。しかもかわいいスイカのラベル♪

実は毎週月曜もバーいま粋が同ビル一階のバー(株)渡部商店さんで開催しているんですよね…。※水曜は同じ場所でレキシズルバー開催中です。住所は同じです。

いま粋と同じく酒数寄者の達さんセレクトのお酒が飲めるそうで、ぜひ行ってみたいのです。
いつも売り切れごめんなので早めがオススメですよ!

いま粋フロントポーチ9月は6日!

城巡り土産第二弾。

周りに畑が多いこともあり、夏は各種野菜がメインの夕飯が続きます。
昼は塩おにぎりだけで済ますなどが多いので大変助かります。

私の大好きなモロヘイヤの梅干したたきと共にいただいたのは、父のお土産

上選辛口大老



その名の通りかなりの辛口!

潔い喉越しが心地よい。
ロックなんかも良さそう。

濃いおっさんは、以外にも可憐だった

あんまりにも選択肢が多いと、何を選んでいいのか分からなくなることありませんか?欲しいものが目の前に沢山あればあるほど選ぶのが難しくて、長時間ウロウロしながら結局何も買わずに帰ってきたり、ひとつ選んで買って帰っても後から「別のにすればよかったな~」と後悔したり。嬉しいようで悩ましい膨大な選択肢。

そんな時インパクトのあるパッケージは強いですね。先日友人の素敵な利酒師K嬢に連れられて築地の勝鬨(かちどき)酒販に行ったときもそうでした。ずらっと並ぶ美味しそうなお酒の数々に軽くパニックを覚え、結局ジャケ買いすることに。
RIMG0116.jpg

インパクト大のおじさん。誰が彼に「NO」と言えるでしょう。

こちらは 神開 「玉栄、濃いめ」玉栄原酒23BY feat. Mr.H (そして純米生酒)。
勝鬨酒販のH氏が「こんな感じで」と味のイメージを伝え、滋賀県甲賀市にある藤本酒造(創業250年ほどの老舗!)に作ってもらったコラボ酒だそうです。お店でチラッと会ったH氏は見たところ年齢が同じくらいのイケメン。同年代が立てた企画となると面白い上に色んな意味で刺激されます!

お味の方はというと、ラベルにも説明書きにも「濃い」と記されている上、このおじさんが表を張っているので身構えつつ飲んでみると、最初にグワッと旨みのトリプルパンチが来たあとはすぅ~っと消えて清楚で爽やかな感じ。濃いおっさん来た~と思った途端、目の前にいるのは可憐な少女だったというようなギャップ。美味しいね~。

ちなみに「玉栄」とは滋賀県を中心に栽培されているお酒用のお米の種類です。このお酒は平成23年度に収穫されたお米で作られているので、一年半ほど熟成されていて、すっとして飲みやすくなっています。

このビジュアルと味、そして値段(たしか四合瓶が1300円くらい)はお楽しみギフトにもいいですね~。ジャケ買いも悪くないですな。


城巡りの土産酒、土用の丑の日に鰻といただく。

期せずして土用の丑の日に鰻を食べました。

銀座でお弁当を持ち帰り、父の城巡りのお土産と共に晩酌。

姫路城本丸 純米酒。



いやー最高のコンビネーションでございました…♪

やはり夏はよく冷えたお酒が好きだなあー。

着物で浅草昼飲みランチ。そして運命的出会い!

かねてからお約束していた昼飲みランチ第二弾がついに実現しました。

いつもお着物姿が素敵なお姉さまと浅草へ。

仲見世から一本入ったところにある
大桝さんが本日の会場です。

隅田川花火もひと段落した浅草は少し静かです。雨の月曜日ということもあるのでしょう。さらりと普通にランチを注文しつつ、
さりげなく一杯目の日本酒も追注文。



私は限定!の文字に惹かれ試験醸造酒、強力55(ごうりきごーごー)にしました。

なんだか気合いの入った味がしました。(ほんのりあめ色でしっかり米の香りのする濃厚派で美味しかったの意味。)



蕎麦とそぼろご飯をつまみにしながら、二杯目?は利き酒セットを注文。
二種類頼んで2人で飲み比べしてみました。

究極の酒セットと



熟成酒のセット。



究極セットは三つとも似た感じ。大吟醸で日本酒に馴染みのない女の子にもウケそうな口当たりの良いお酒達。
熟成セットは三種三様で面白い!
この前飲んだうろこが入っていてなんだか嬉しかったです。

そして、

いつ頼もうかとタイミングを狙っていたお酒を遂に注文!



白瀑 ブルーハワイ!!



春にお姉さまと昼飲みランチをした時に出会った ど pink というお酒を作る同じ蔵の酒です。 が濁りで、ど pink がピンクの濁りなので、今回のブルーハワイも勝手に濁り酒と想像してしまいましたが、透き通った綺麗な青いお酒です♪

味は奇を衒ったものではなくて、スッキリ喉越し良きお酒。きりっと冷して飲むのが良く合っていました。
好みは分かれるでしょうが、昨今の日本酒離れが叫ばれるなか、どうしたらもっとと多くの人に飲んでもらえるかなーとかこんなお酒があったら楽しいだろうなぁという作り手さんも思っているのかなぁなどと勝手にですが想像してみるのですが、私はこの酒の心意気が好きですね!

お土産に購入致しました♪
最近のマイブームフローズン酒をためしてみたい!
注: その時はコップに移しますよ。



そんなわけで青い酒を眺めうっとりしてしまうのです…。

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。