専業酒部ですの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーズナブルに銀ブラ!銀座の角打ちをハシゴ Part 1

入梅の東京。じめじめシトシトするなか、久しぶりに専業酒部そろって銀座をブラブラしてきました。今日は部長が前から気になっていた、君嶋屋さんの角打ちがターゲット。

ち、な、み、に!角打ち(「かくうち」と読みます)とは、「(四角い升の角に口を付けて飲むことから)酒屋の店頭で升酒を直接に飲むこと。転じて、店の一角を仕切って立ち飲み用にすること。また、そこで飲むこと」で、簡単に言えば、酒屋のすみっこで飲む、ということです。
RIMG0511.jpg

ここはかの有名な横浜君嶋屋さんの銀座店。今年3月にオープンしたようで、お店の中は開放的でモダンかつ居心地の良い感じ。窓際のカウンターで、足早に通り過ぎてゆく銀座のサラリーマンやOLを眺めながら優雅にお酒を飲むことができます。
RIMG0516.jpg

お酒は日本酒をはじめ、ワイン、焼酎とかなり有名どころがそろっている感じ。日本酒はワイングラスで提供され、300円からとリーズナブル。まずはとりあえず、3種飲み比べ(500円)を。

RIMG0517.jpg
左からいづみ橋 無濾過純米(神奈川)、松の司 純米生もと生原酒(滋賀)、惣誉 純米生原酒(栃木)。

RIMG0525.jpg

飲み口としては、いづみ橋はさっっぱり辛口、松の司が芳醇、惣誉がきりっとした感じでしょうか。当たり前かもしれませんが、一緒に飲み比べてみると本当に味わいが違うんですね~。

お酒だけ飲むのも味気ないので、おつまみも頼んでみました。
RIMG0527.jpg

以前から日本酒に合うんじゃないかと思っていた生ハム、そしてチーズの味噌漬けです。味噌漬けのほうは、パルメザンチーズのようなハード系チーズが使われています。生ハムも飲み込むのがもったいないほど美味しい。余韻の長いこの旨みは一体なんなんでしょう。辛口のいづみ橋に合います。

で、もう一杯ずつ。
RIMG0530.jpg


 特別純米(山口)と田中六五 純米(福岡)。ともにグラス300円。どちらもキリッと冷えたのが美味しいクールビューティー系。おしとやかに華やか、というのか。「貴」はすっと消えてあとを引き、「田中六五」は余韻が長い。傾向は似ているけど飲み比べてみるとやっぱり違うんですね。ちなみにユニークな名前の「田中六五」は「田んぼの中で醸され、65%精米しているから」だそう。君嶋屋さんでは以前、田中さんというお客様がお父さまの65歳の誕生日祝いに購入されていったことがあるそうです。

すぐ後ろでは「いづみ橋」で有名な泉橋酒造の副杜氏さんが、夏用のお酒を3種お店の人にテイスティングしてもらっていました。この方、若くて俳優張りのイケメン。イケメン率の高い日本酒醸造界においてもかなりなハンサムボーイ(失礼?)。お酒も美味しいし、この夏ますますいづみ橋に注目、ですね。

さて、この立地にしてこのクオリティ、そしてこの値段。銀座でさくっと飲むのに君嶋屋の角打ちはかなりコストパフォーマンスの良い穴場です。お店の方々もとても気さくでサービスも良かったです!銀座=お高い、わけではないんですね~。

実はこのあともう一軒別の角打ちをハシゴ。その話はまた次の機会に!

ビバ銀座!
スポンサーサイト

いま粋フロントポーチの日本酒セレクトがつぼ。

二回目のいま粋フロントポーチ
参加してきました。

いま粋とは、
現代の数寄を創るひとびとや商品、サービスを発信し、広く知らしめるスタイルメディア。

その中の世にもっともっと発信すべき物の一つが日本酒であります。

今回は全て原酒。
濃厚な味わいが魅力です。

相模灘 特別純米 無濾過生原酒 槽場詰め
久保田酒造(神奈川)



はスモーキーな香りが心地よく、冷えたお酒はとろりと濃厚で、味と香りのバランス感が印象的でしたので
お代わりしました。



分福 純米 無濾過生原酒 氷温一年貯蔵
分福酒造(群馬)



は原酒の中でも濃い、アルコール度数18°超え。熟成された分濃縮され濃厚?

鏡山 特別純米 無濾過生原酒 さけ武蔵/
小江戸鏡山酒造(埼玉)



こちらも試せず…。

そして急きょ登場したお酒。



こちらまでは到達出来ず。
だけどラベルが素敵です。お店で見つけたらジャケ買いしてしまいそうな雰囲気です。
日本酒の瓶には緑、茶に青をよく見かけますがこの季節青い瓶だとなんだか美味しそう。
この日一番最初に売り切れたのが鏡山でした。

来月のラインナップがすでに楽しみ。

飲酒派は印象派!?酒量と絵画力の関係

友人が主催している「創作会」で「下手な絵を描く」というお題がでました。パッと聞くと簡単そうですが、「下手な絵ってなんだろう」と考え始めるとエンドレスな哲学的スパイラルに突入してしまう、なんともディープなお題。

「下手な絵」の定義はさておき、酒部としては飲酒量と絵画力の関係についての科学的な分析をせずにはいられません。そこでとある日曜日、ついに実験を決行。お付き合いいただくのは、臨時部員M助手と日置桜の純米酒です。
DSC_1472.jpg
先日鳥取で購入した「2年待つとさらに美味しい」といわれた日置桜の純米酒を保護するために購入したカモフラージュ用「日置桜」。燗にして美味しいお酒ということで、量を飲まなくてはいけない今回の実験にピッタリのスイスイいける系です。

今回描くのは、赤ベコと絵画用の人形。まずは飲酒前のスケッチをコントロールとして描きました。
control.jpg
もともとの絵画力はさておき、とりあえず何を描いているか分かるレベルではあります。

さて、ココから1合ずつ飲み進め、そのたびに同じ赤ベコと人形を描くことに。飲めば飲むほど絵は下手になっていくのか!??サスペンスは高まっていくばかりです。
drinking drawing

4合飲み、ダウンしかける直前までスケッチしてみたところ、なんと、予想に反して、特に下手になることは無かったんですね~。4合目の赤ベコにちょっとめんどくさい感が漂ってはいますが、全体的なスケッチのレベルにそんなに影響はなかった模様。実験前、某映画監督に実験計画を打ち明けたところ「印象派は飲酒派???」との格言を受けていたので、スケッチ自体もう少し印象派的な感じになるのかと期待していましたが、そうでもなかったようです。

万が一お上手でないスケッチをしなければならなくなっても、飲酒でそれを達成することができないという貴重なデータが得られました。専業酒部、社会に意義のあるデータを絶賛発信中、でございます。

熊ころり。

とあるはなきんに珍しく銀座でご飯をいただきました。

豊年満作さん。
北海道の料理がたくさん揃っている居酒屋さんです。

初めて出会ったこちらをいただきました。

熊ころり



味はとってもスムースで冷がぴったりのお酒です。香りは控えめで香りは甘い。
最近副部長がワインのテイスティングでやるように味をうまく表現しているのに倣ってみます。


オホーツク海に吹く風。






お粗末さまでしたm(_ _)m




カウンターには副部長が大好きな浦霞の生一本がずらり!!
日本酒デーなる日もあるようですし、おつまみもおいしい(丸ごとポテサラやゲンゲの唐揚げが絶品でした♪)ので日本酒好きにお勧めですよ。

るみこの酒はウサギが草原を駆ける味?

日本酒の味を表現するのって結構難しいですよね。ワインのように「可憐な花のよう」とか「干し草や土を思わせる香り」とか、なんだか分かるような分からないようなフレーズも照れくさいし、と敬遠していると結局「うまい」か「微妙」の2択で終わってしまったり。

そんななか、先日(通称)画期的日本酒テイスティングシートにも載っていないような超抽象的かつ的確な味表現が飛び出しました。飲んでいたのは友人の差し入れ「るみ子の酒」。
sake2.jpg
「うーん、フルーティでドライ?」と月並みな言葉が並ぶ中、友人が「森の中をうさちゃんが飛び跳ねる味」とコメント。「森っていうより草原じゃない?」と多少の修正が入りつつも、るみ子の酒は「草原をウサギが駆ける味」と言うことに。実際、口に含んだ途端感じるさわやかな風味がまさにそんな光景を思い浮かばせるので不思議なものです。ぜひお試しあれ!

ちなみに「るみ子の酒」は名前とラベルのデザインが漫画「夏子の酒」の作者尾瀬あきらさんの作。「夏子の酒」連載中に届いた蔵元の森喜るみ子さんからの手紙がきっかけで、酒造りに関しての状況や情熱が夏子にそっくりなるみ子さんとの交流が始まり、このお酒の命名、ラベルデザインをすることになったそうです(詳しくはココ)。蔵があるのは忍者の里、伊賀。そして無農薬の米での酒造りなど、色んな意味で面白い蔵ですね。

この夜はもう一本。
sake1.jpg
奈良にある梅の宿の平成3年に醸造された古酒です。22年もの!個人的に熟成酒ってあまり得意ではないのですが、これは美味しい!まろやかで癒し系。るみ子の酒が「草原を駆けるウサギ」ならこちらは「とろみのあるぬるい温泉に浸かっている」感じ。

味を「絵」として表現するのって楽しいですね。お酒の楽しみがまたひとつ増えました。

モンゴルの馬乳酒。

友人とモンゴル酒場のオッと屋さんに行ってきました。

郷にはいれば郷に従えということで、この日は馬乳酒。



味はカルピスサワー。
ただアルコール度数は日本酒並の16度!

モンゴル人店主自慢のモンゴル料理とともに頂きます。







モンゴル相撲も交えつつ楽しいモンゴルの夜でした。
馬乳酒はモンゴルにおける日本酒のような役割なのかしら…

また行こう!

オッと屋
http://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13128785/

小梅で漬けた梅酒・大梅で漬けた梅酒

そろそろ梅の時期ですね!嬉しいことに「梅酒を漬けよう」とお声がかかりました。何事にも予習と万全の準備が必要ということで、まずはどんな梅酒に仕上げたいかを検討するために数種類の梅酒をテイスティングすることに。

私は数年前に漬けたままほったらかしになっていた自家製梅酒2種を携えて行きました。梅酒って漬けるのが楽しくて漬けるんですけど、ほとんど飲まないまま溜まっていくばかりなので、こういう機会があるといいですね~。

飲み比べて面白そうなものを、と思い選んだのはこの2種。ラベルを見るとどちらも2010年6月に氷砂糖と黒糖焼酎「ざわわ」で漬けてありますが、色が全く違う。右の赤い方は山梨県のK山付近で採取した小梅、左の黄色っぽい方は同じく山梨県のS川周辺で採取した普通サイズの梅と小梅のミックスです。違いは梅のサイズと採取場所のみ。なのにこの仕上がりの違い!面白いですね~。ちなみに両方ともトマトピューレの瓶を使って漬けています。少量の梅でも漬けられて場所もあまり取らないのでとても便利。
389159_10152778986415655_1180322712_n.jpg
(Thanks for the photo Ivy!)

さて、匂いも味わいもかなり違うこのふたつ。手前の赤い方は、すっきりとした香りにすっきりとした味わい。割とさっぱり目な梅酒です。奥のほうはちょっと熟れた感じのジューシーさがあり、香りも強い。なんと言うか、真夏の日差しの下で少し熟れ熟れにしたような、いい感じの発酵香らしきものがある、そんなジューシーさです。どちらも完全なる「梅酒」なのに、本当に違う!「へ~~~」の嵐です(古い?)。

他にも2種集まった梅酒はこちら。

まずは、大分県日田市のにあるおおやま夢工房の「天女の舞衣(まい)」。少し甘めのスタンダードタイプ。
DSC_1431.jpg
使用されている鶯宿梅(おうしゅくばい)には風流な逸話が!大事にしていた梅の木を天皇に所望された紀貫之の娘が、「恐れ多くも天皇のご命令ですから、私はこの梅を献上いたしますが、この梅を住処とする鶯がまた今年も飛んできて『私のお家はどこ?』と聞いてきたら、私は何と答えればよいのでしょう」という意味の歌を枝につけて泣く泣く献上したところ、心打たれた天皇が「鶯宿梅」という名前を付けて返してくれたそうです(詳しくはココ)。あな美しや。ちなみに鶯=うぐいす、です。念のため。

そしてもうひとつはこちら。
DSC_1429.jpg
ウィスキーを貯蔵していた樽の内側を焙煎した焙煎樽で熟成された梅酒。甘さ控えめで軽い焙煎香があり、まろやかで実に美味しいです。サントリーならではの梅酒ですね。

一通り味わったところで、飲み方のバラエティーも研究。梅酒にウィスキーを数滴たらすと、特有の樽香と共にグッとしまりが出て大人の味わいに。さらに、ライムとカッシャーサを加えてのウメピリーニャ。こちらは真夏の夕暮れに飲みたいさっぱりとジューシーな仕上がり。うーん、美味しい。肝臓がいくつあっても足りないですね~。

これまで梅酒=ジュースと多少高飛車な偏見を持っていましたが、梅酒の奥深さを学びました。いやあ、梅酒っていいですね~。今年の仕込みが今から楽しみです!

美肌酒

五月晴れの浅草にて、課外酒部活動をしてきました。

すがすがしい神社の境内でいただいたのはこちらの美肌酒2種。見た目は化粧水ですが、れっきとしたお酒で、渋谷東急フードショー内の酒屋さんで購入しました。

IMG_20130510_193904.jpg

左が京都の北川本家の「美肌水」。右は金沢の福光屋の「すっぴん」。どちらも日本酒の美容効果をうたった純米酒です。

使用用途には、「化粧水」「パック」「マッサージ」「洗顔」のキーワードが並び、飲むだけではなく直接肌につけることでの美容効果も期待できるようです。

IMG_20130510_193949.jpg

そして注ぎ口もこんな風にできたり、と中身を確認しなければ化粧水そのものですね。

IMG_20130510_193822.jpg

お味の方はどちらも飲みやすい純米酒、といった感じで、さくっと飲むのによさそうです。いいお酒を飲むと次の日肌がつるつるだったり、日本酒をお風呂に入れると肌がすべすべになることは結構知られていると思いますが、まさか美容に特化した純米酒が出ているとは、正直びっくりでした。

体に入れられないものを肌につけていい効果ががあるわけない、と何かで読んだ気がしますが、日本酒は飲んでもつけてもバッチリ美容効果が得られるとは、酒部的には大歓迎でございます。

美肌酒を飲んで肌は美しくなったのか?普段から日本酒党の酒部部員にとって、ビフォーアフターの違いは見られませんでした。美容効果が本当ならば、私達は普段から美肌なのでしょう!ビバ日本酒!

赤城山12合目登頂!?

ゴールデンウィーク後半、お世話になっている足利織物伝承館へ足利銘仙春夏コレクションを見に行ってきました。今回足利デビューを果たす友人と、鑁阿寺、足利学校とハシゴし、〆にいつもの(といっても今回2回目)居酒屋ますやへ。ますやさんは渡良瀬川のほとりにあり、橋を渡ればすぐ東武鉄道足利市駅という東京への帰路アクセスも抜群な立地。

ここでいつも頼むのは赤城山の燗。赤城山は群馬のみどり市にある近藤酒造が出している群馬を代表するお酒ですが、栃木県の足利でもかなりポピュラー。このあたりは群馬との県境で、近藤酒造も足利から渡良瀬川をちょっと上ったところにあるんですね~。
DSC_1448.jpg

さて、この赤城山の燗はすっきりした旨口で、すいすい飲める危険系。これまで燗でしか飲んだことがなかったので、友人が勇気を出して常温を注文したのですが、やはり燗に戻ってきました。燗の方が優しく体にすっと入ってくる感じなのです。優しい感じなのに、「男の酒 辛口」と主張する赤城山。

DSC_1449.jpg

実年齢の20歳は若く見えるスーパー女将の出してくれる鯛の粕漬けやら焼き鳥やらをつまみつつ、ゆるゆる飲み続けること数時間。ご機嫌で〆に突入。足利での〆はやはり足利名物、たまねぎのシュウマイです。片栗粉で包んだたまねぎを皮で包み、ソースで食べる一風変わったシュウマイ。肴にもなり、〆にもなる優れものなのです。

なんだかんだの赤城山12合目登頂。2合徳利に2合は入っていないだろう、いや、入っているはず、と哲学的な問答を繰り返しつつ、帰路に着いたのでした。

つららグラスでお気に入りの日本酒を飲む。

我が家に良く登場する、菊水のふなぐち。この日は友人から誕生日にもらった素敵なグラスで頂きます。



木の台に手作りのガラスおちょこが、

ささってます。


注:父の手です。

なのでこのえんじゅで出来た木の台がないと倒れてしまうのです。つららをイメージしているとききましたが、泡が抱き込まれたグラスは涼しげ。いつもは缶のまま飲んでしまうのですが、おしゃれな和食屋さんで頂く風情になりました。

やはり器って大切なんですね。

スタイルボトル

数週間前に見て以来、飲んでみたかったオシャレなボトルの日本酒。菊水のスタイルボトルです。通常廃棄されることが多いワインボトルを再利用して詰めてあるので、見た目はバラバラ。中身は菊水自慢の本醸造です。
IMG_20130502_224513.jpg
(ちなみにこれは有楽町BIC CAMERAで購入。結構色々そろっているし、お土産用に使える小さい瓶の日本酒も沢山売っています。)

720mlで690円。安い。そしてオシャレでお酒も美味しい。ヨーロッパにおけるワインのように、価格も味わいも普段飲みにぴったり。日本酒をより身近に、気軽に楽しめます。プレゼントにしても可愛い。
IMG_20130502_224312.jpg

ビバ、スタイルボトル!

定番の場所で定番の酒。定番である事って素晴らしい。

先週土曜日、着物市会場近くのニュー浅草にて打ち上げをしたときのこと。

晴れであったこともあり、大盛況のうちに終わり楽しかったのですが、さすがに疲れましたね^^;

みなさんお疲れ様。

とりあえずビールをいただいた後は日本酒を三杯ほど。
なんだか話が違う方向に盛り上がり予想以上にお酒がすすみました。





最後の一杯は、菊水の辛口だったかしら?

どれもよく見かける日本酒たち。
私の定番たち。

だいたい辛口でどんなおつまみとも相性よし!
ハムカツみたいな揚げ物でも野菜スティックのようなさっぱりにもまる。
程よいこくとのどごし。

定番の酒の安心感、安定感はやはり頼もしい。
この日はお話が主役。
陰ながらささえてくれる定番の酒たちありがとう。

おかげでたくさん話しましたよ。



またお世話になります。

お酒は化ける

臭い肴の会前夜。久しぶりにそろった酒部は、夜分遅くにもかかわらず軽く前夜祭兼部活動を開催。

まずは米子駅前の酒屋で購入した日置桜の生もと純米を。大正時代に開発された強力というお米を、一握りの種籾から復活させたお米で作られています。こちらのお酒は熟成させると旨みが増すというタイプで、「あと2年くらい待って飲むと美味しくなるよ」と酒屋さんに言われて買ってきたものです。
IMG_20130429_094331.jpg

熟成のビフォーアフターを調査すべくとりあえずちょっとだけ飲んでみることに。この時点で酒の肴は某雑誌の熱燗特集。
IMG_20130429_094410.jpg

このお酒は熱々の燗が美味しいとのことで、常温と熱燗で飲み比べ。常温ははっきり言って少々渋い。あっつあつにしてみると。。。

美味しい!

なんと、旨みと言うか香ばしさがふわっと来て、一気にすっと引いていく感じです。旨みが本当に一瞬で儚いので、それを味わいたくてついつい飲み重ねてしまう。すっと来てすっと引いていく。これ、今の時点でもすでに非常に美味です。それにしても温度によって本当に味わいが変わります。面白いですね。

勢いがついたところで、先日の遊穂の残りと、裏のラベルに合うと書いてあったチーズを一緒に。
IMG_20130429_094500.jpg
イタリアで購入したくせのあるチーズを、優しく包み込む遊穂。こちらも美味しい。

腹八分目でこの日は終了。いやあ、面白かった。

 | HOME | 

プロフィール

sengyoshubu

Author:sengyoshubu
専業酒部の部活動です。
主に着物で日本酒を探訪中。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

部活。 (9)
日本酒のススメ。 (24)
お知らせ。 (2)
晩酌。 (35)
千葉のお酒。 (3)
イベント。 (18)
酒器 (7)
ちょっと課外活動 (17)
日本酒x??? (5)
外飲み (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。